フジテレビ放映チンパンニュース 腎不全の猫を救った奇跡

死を宣告された腎不全の猫がH4Oによって回復したドキュメンタリーが2006年12月にフジテレビにて放送されました。その後あまりの反響の大きさに、2007年3月再放送されました。

慢性腎不全で余命1ケ月と宣告されたレオレオ(7歳 オス)は、飼い主の愛と獣医の適切な処置、そして「H4O」によって奇跡的に回復し今も元気に暮らしているという話です。

ドキュメンタリーのあらすじ

元気だったレオレオ君(7歳 オス)の体に異変が起きた。

「ごはんをよく食べる子だったんですけれども急に何も食べなくなって、食べたものは吐いたりだとか・・・」

宣告された病名は、慢性腎不全。

体内の老廃物を処理する腎臓が機能しなくなり、様々な病を併発。症状が明るみにでるころにはそのほとんどが手遅れだという。

「余命1ケ月だとはっきり言われまして、治す手立てはもうないから、このまま静かに引き取って最後を看取ってくれと言われました・・・」

治療を施さなければ1ケ月後に必ず訪れる死の現実。

どうしてもレオレオを助けたいと願うタカネザワさんにある病院が紹介された。

栃木県にある遠藤犬猫病院だ。

日本でも数少ない猫の腎移植を手掛ける病院なのである。

しかし、診察の結果、レオレオの体は既に手の施しようがない状態まで悪化していた。

レオレオの体内にある毒素の数値を記録したカルテによると、クレアチニンと呼ばれる毒素は通常1.0以下で正常とされるが、レオレオの場合その数値が12となっていた。

これはいつ死んでも不思議ではない数値だという。

そこで院長は、一般的な腎不全の治療に加え「H4O」という水素結合水を使った治療を開始しよう、という提案をした。

入院初日、レオレオにH4Oを与えて見ると、なんと自ら大量に飲み始め、効果はすぐに表れた。

来院時12あったクレアチニンの数値が初日で7.5まで下がり、さらに翌日、なんと数値は2.6にまで下がった。

最終的には1.6とほぼ正常値まで戻り、余命1ケ月と言われたレオレオはおよそ1週間で死の淵から奇跡の生還を遂げたのである。

元気になったレオレオはいまも愛する飼い主と共に元気に暮らしている。

H4Oコンテンツ

ページの先頭へ

送料について

全ての商品において全国送料無料です。
代引手数料も無料です。

お支払い方法について

お支払い方法は、クレジットカード、代金引換、
銀行振込の3種類です。

配送について

営業日16時までのご注文なら翌日に到着。
本州地域以外は翌々日に到着。(一部地域は除く)

電話でのご注文・お問合わせ:受付時間 9:00〜18:00(日祝はお休み)フリーダイヤル 0120-0432-48

メールでのお問合わせ

お問合わせ

FAX注文(24時間受付中

FAXでのご注文はこちら